本文へジャンプ



前のページに戻る

奇門遁甲と九星気学  







奇門遁甲(きもんとんこう)
奇門遁甲は、中国の占術で、2000年以上の歴史がある方位学のひとつです。
三国志の軍師・諸葛孔明も使用したとされています。
主に引越し・旅行などで積極的に吉方位へ動くことによって開運できる最高の方位術といえます。また的中率も高いとされています。

九星気学(きゅうせいきがく)
九星気学は、明治末に園田真次郎氏によりわかりやすくまとめたとされています。
日本の占術として、九宮、陰陽五行説、干支、易などを組み合わせて作られ、生年月日から運勢、性格、方位を導き出しますが、方位の吉凶を知るために使われることが多いです。

 




前のページに戻る




質問などは、下記のお問い合わせメールにてお願いいたします






Copyright(C)2008-2015 ナガシマライフコンサルタント ,All rights reserved.